クロックス アレイリネンコルクラップウェッジは8cmヒールなのに1日履いていても疲れ知らず

2014年7月22日
Pocket

先日、ご紹介したクロックス アレイリネンコルクラップウェッジですが、届いてから毎日のように履いてみましたので、しばらく履いてみてどうか?などをご紹介したいと思います。

crocs a-leigh linen cork wrap wedge(クロックス アレイリネンコルプラップウェッジ)
>>>【クロックス公式】 アレイ リネン コルク ラップ ウェッジ – A-Leigh Linen Cork Wrap Wedge

8センチヒールの靴って、本当に久しぶりに履いているんですが、クロックスのサンダルはすごく安定性もよく、正直8センチヒールだということを履いているときは忘れてしまうほど(笑)

スポンサーリンク

8センチヒールだけど安定感があり歩きやすく小走りもできちゃう!

実際に履いてみてまず1番に実感したのが、8センチヒールなのに履いている感覚は、ヒールを履いているように感じられないこと!

クロックス アレイリネンコルクラップウェッジ

こちらがヒール部分になるのですが、実際にこうして見るとさすが8センチヒール、結構高いように感じますよね。
でも、実際に履いてみると、履いた瞬間こそはヒールの分だけ自分の目線もアップするため、ヒールを履いてるなと思いますが、それ以降はこんな高いヒールを履いているという実感がほとんどありません。

クロックス アレイリネンコルクラップウェッジ

ちょっとわかりづらい写真で申し訳ないのですが^^;、前の部分も結構厚みがあるためか、前とかかと部分の高低差があまりないからかもしれません。

それと、ヒール部分もウェッジソールなので安定感もあるし、1日履いていてもあまり足が疲れないのも嬉しいポイントです♪

これだけヒールが高いと、普通なら小走りってちょっと怖いですが(足をくじいちゃいそう)、安定感があるため小走りもラクラクできちゃいます(笑)

これね、小さなお子さんがいるママさんにはすごく嬉しいポイントではないかしら!
小さな子がいると、どうしても小走りで歩きまわる子どもを追いかけたりすることもあると思うのですが、ヒールが高いけど安定感抜群なので子どもを追いかけるのも楽だと思います^^

なかなか小さいお子さんがいると、ママさんもヒールは敬遠してしまうかと思いますが、これなら見た目もオシャレだし、機能性も申し分ないと思います!

アレイリネンコルクラップウェッジのサイズ選びについて

私の足は、甲高幅広タイプの足なので何気に靴選びもめんどうな足なもので、クロックスを選ぶ際、サイズはいつもW7を選ぶことが多いです。(通常サンダルや靴は23センチ~23.5センチを履いています)

割とクロックスって幅が狭いものが多いので、昨年かなり愛用したワラチェもW7にしましたが、幅は問題なかったけどつま先が少し余ってしまう感じでした。
ですが、これよりも1サイズ下にしてしまうと、幅がきつかったと思うし、今現在も履いていますがW7で履き心地はちょうどいいんですよね。

アレイリネンコルクラップウェッジも見た感じ幅が狭そうに見えたので、ワラチェと同じくW7を選びました。

crocs a-leigh linen cork wrap wedge(クロックス アレイリネンコルプラップウェッジ)

アレイリネンコルクラップウェッジは、上の写真のようにかかと部分にストラップがついていたので、W7でも問題ないかなと思っていたのですが、甲高幅広の私でもW7ではちょっと大きかったです。

クロックス アレイリネンコルクラップウェッジ

ストラップ部分も調整用の穴が4つほどあったので、いちばん内側にしてみたのですが、上の写真のように着脱しやすいように一部分がゴムになっているので、多少調整はできますが、余裕があるためどうしてもストラップが下がってきてしまうことも^^;

幅も見た感じ狭そうに思ったんですが、幅広の私でもW7ではかなり余裕があるので、幅広タイプの方は通常の靴のサイズよりも1サイズ下を、幅が狭い方は2サイズくらい下のほうがピッタリフィットするかと思います。

オープントゥだけど、足が前に行きづらいのもポイント

それと、どうしてもこういったオープントゥでヒールがあるサンダルだと、履いているうちに足がどんどん前に行ってしまいますが、アレイリネンコルクラップウェッジはそれがあまり感じられませんでした。

クロックス アレイリネンコルクラップウェッジ

サンダルの内側は、ボツボツしていますが、凹凸があまりないので長時間履いていても足の裏が痛くなることもありません。

クロックス アレイリネンコルクラップウェッジ

アッパー(甲の部分)は、リネン素材でできていて、リネンがクロスされているんですが、実は長時間履くとこの部分が甲にあたって靴擦れとかできないかな?とちょっと不安だったんです。
触った感じが結構固めだったので。

でも、そんな心配は必要ありませんでした!
長時間履いても、甲にあたることもなく、靴擦れもおきません♪

幅は結構余裕があるのですが、アッパー部分は、わりとしっかり足にフィットしてくれるので、足が前に行くのを防いでくれているのかも^^

クロックスのロゴは靴底とかかと部分にさりげなくだから見た目クロックスだとわからない

そして、クロックスのロゴですが、アレイリネンコルクラップウェッジは、靴底とかかと部分のみにロゴがはいっています。

クロックス アレイリネンコルクラップウェッジ

サンダルを脱いだりすればクロックスのロゴが見えるので、クロックスだとわかりますが、普通に履いていると、これがクロックスだとはなかなかわからないかも。

クロックス アレイリネンコルクラップウェッジ

クロックスってどうしてもカジュアルなイメージがありますが、アレイリネンコルクラップウェッジはクロックスのロゴがなければクロックスに見えないし、カジュアルにも、ある程度きっちりめのファッションでも合わせやすいので、色々なシーンで大活躍しそうです!

とにかく軽い、歩きやすい!そしてヒールが高いのでいつもよりスタイルがよく見える

あと、私も昔、こういった高いヒール部分がコルク製のものが一時期流行った際に履いていたことがあるんですが、それと比べると、アレイリネンコルクラップウェッジは、ものすごくサンダル自体が軽いです!!

昔履いてたのは、とっても重くて歩きづらかった思い出があるのですが、そのイメージでアレイリネンコルクラップウェッジを持ってみたら、あまりの軽さに拍子抜けしたほど(笑)

crocs a-leigh linen cork wrap wedge(クロックス アレイリネンコルプラップウェッジ)

だから、長時間履いていても足が疲れにくくて、何よりも歩きやすい!
安定感もあるため、(何回も言ってるけどw)高いヒールを履いているという感じもないし、ヒールなのに歩きやすいのって、結構大事なポイントですよね!

それにね、8センチヒールなので、姿勢もシャキッとするし、なによりも見た目のスタイルが全然違います(笑)
これだけ高いヒールだと、やっぱりスタイルもいつもよりもよく見えますね^^
足もいつもよりもスラッとして見えるし♪

カジュアルなファッションにも、きっちりめのファッションでもどちらも合わせやすいし、今年の夏は大活躍してくれそうです♪

購入はこちら>>>【クロックス公式】 アレイ リネン コルク ラップ ウェッジ – A-Leigh Linen Cork Wrap Wedge

※ブログをお引っ越ししました!
ブログをお引っ越しいたしました。
新しいブログはこちらです>>>ここちいい毎日を。

* * * * *
この記事を読んで参考になりましたら、ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

スポンサーリンク

Pocket

このカテゴリーの記事一覧

カテゴリー:ファッション

前の記事:«
次の記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*